酵素ドリンクを選ぶ際に、どの商品を選んで良いか悩むことはありませんか。ここでは多くの種類が販売されている酵素ドリンクについての情報をお伝えしていきます。皆さんの酵素ドリンク選びに少しでも役に立てたらと思います。

酵素ドリンクの原材料について

一言で酵素ドリンクと言っても、大事なのは原材料だと言われています。単純に酵素の含有率が高い野菜はレタス・ニンジン・キュウリなどがあります。しかし、減量を目指している場合に飲む酵素ドリンクと、日々の健康維持の為に飲む酵素ドリンクとでは原材料が大きく違ってきます。ここではそれぞれの目的にあった酵素ドリンクの選び方をお伝えしていきます。

減量を目指す際に向いている原材料とは

酵素ドリンクには、様々な植物を発酵させたエキスが含まれています。健康や美容のためなら、この発酵エキスだけで十分ですが、さらに減量を目指すのであれば、減量に役立つ原材料が含まれている酵素ドリンクを選…

日々の健康維持に向いている原材料とは

酵素ドリンクには、飲みやすくするために人工甘味料が含まれているものが少なくなりません。ステビアやサッカリンはカロリーがゼロなので、ダイエット食品に使われることが多いですが、それぞれ不妊や発がんにつ…

添加物や保存料もしっかりと確認しよう

なるべく使われていない方が良い

添加物や保存料などは、酵素ドリンクに限らず食品の流通や保存を考える上で欠かせないものと言っても過言ではないです。ただ、それらが人体にメリットをもたらすかという観点では疑問の余地があります。基本的に添加物や保存料などは、使われない方が望ましいです。これらは人工物なので、内臓が処理する時に負担がかかってしまいます。中には発がん性が認められている添加物などもあるので、長期に渡って摂取することであらゆるリスクが待ち受けます。口に含む食品は、何も添加されていないことが理想です。何も添加されていなければ添加物を処理する必要もないですし、栄養だけを吸収できるからです。酵素ドリンクは基本的に毎日飲むので、なるべく添加物には注意したいものです。

自身の状況を考えて商品を選ぶ

添加物や保存料などは人体にとっては決して好ましいものではないですが、だからと言って直ちに体が悪くなる訳でもありません。つまり、添加物だけを考えて過剰に反応するのはベストではないということです。これらの添加物によって味が変化しなかったり、保存料を使うことで長持ちします。例えば保存料を使っていなければ賞味期限などは短いですし、結局使い切れずに捨ててしまうこともあります。高頻度で酵素ドリンクを飲む場合は無添加の方が望ましいですが、長期間でゆっくり飲む場合は保存料が使われていないとすぐに駄目になってしまいます。酵素ドリンクの活用方法や経済状況は人それぞれ違うので、自分に合った酵素ドリンク選びが大切です。

酵素ドリンクの製造法について

酵素ドリンクは手作業で作られているものと、専用の製造装置で作られているものとで大きく二つに分類することができます。手作業で作られている方が商品価格が少し高い傾向があるといわれていますが、二つの製造法で作られた酵素ドリンクの違いや、それぞれのメリットについて解説していきたいと思います。

手作業で作られている酵素ドリンクと、製造装置で作られている酵素ドリンクの違いとは

手作業で作られている酵素ドリンクのメリット

製造装置で作られている酵素ドリンクのメリット