手作業で作られている酵素ドリンクと、製造装置で作られている酵素ドリンクの違いとは

酵素ドリンクは手作業の方が品質がいい

酵素ドリンクと一言でいっても、使用されている原材料や製造方法は各メーカーによって違いがあります。酵素ドリンクを選ぶ際に、原材料は何種類ぐらいの野菜や果物が使用されているのか、確認する人は多いでしょう。しかし原材料以上に選ぶ際に重要なのは、製造方法です。製造方法は大きく分類すると、手作業と製造装置で作られる2種類の方法があります。

そしてどちらが酵素ドリンクとして品質がよく、効率よく酵素を体内に摂取出来るのかというと、実は手作業の方です。一見最新の製造装置で作った方が高品質な酵素ドリンクが作れそうですが、酵素は熱に弱いという性質があり、高温で加熱処理してしまうと効果が失われてしまいます。手作業は、手間と時間がかかり、大量に製造する事が出来ませんが、高品質で効果的な酵素ドリンクを製造する事が可能です。

手作業の製造工程について

では手作業で酵素ドリンクを製造する場合、どのような製造工程で作られるのでしょうか?まず専用の壺に原材料と黒砂糖を入れて自然発酵されるのを待ちます。自然発酵には時間がかかり、約10ヵ月前後の月日がかかります。自然発酵させた後は、今度は1年間熟成させて完成です。この段階で、素材は全て分解されて液状になっています。手作りの製造工程を見ても、加熱処理が行われていない事は一目瞭然ですよね。そのため栄養価が高く、体内で消化吸収されやすい状態で酵素を摂取する事が出来ます。

製造装置で作る場合は、どうしても60度以上の高温で加熱殺菌を行わなければいけません。そして熱に弱い酵素は60度であっても、酵素の種類によっては、ダメージを受けて効果が失われてしまいます。だからこそ酵素ドリンクは、製造方法を必ず確認して選ぶようにして下さい。